選挙・政治経験なし、無党派・無所属で、2カ月半で『奇跡』の990票を取った「みさきゆみこ」ならびに「チームみさき」の帯広市議選の挑戦の記録と、これからの挑戦・日々の雑感などを伝えます。

そもそも「政治」なんてコトバが、古くさいと思っていた。

 

今年2019年4月は

4年に一度の「統一地方選」です。

 

知事選、都道府県議選、市町村長選、市町村議選

途中退任などで時期がずれているもの以外

日本全国で時期を同じくして行われます。

 

そうした中、必ず全国各地で出てくるのが

「サラリーマン感覚」という単語です。

 

これは、聞いていて非常に

気恥ずかしい感覚を覚えます。

 

政治の世界では当たり前なのでしょうが

 

長年、勤め人として経済界の端くれにいた人間としては

 

「サラリーマン」という単語が、ダサい。

 

「サラリーマン」言っている時点で、一般市民と感覚ズレている。

 

そのように感じるのです。

 

何がいけないのか、分かりますか?

 

もそも「サラリーマン」は和製英語ですので

国際化社会にはそぐわなくなっているのですが。

 

「ポリティカル・コレクトネス(政治的な正しさ)」という概念や

「ポリ・コレ」を扱った童話のリライト「政治的に正しいおとぎ話」が

1995年には翻訳され、流行しました。

 

アメリカでは、過剰に「ポリ・コレ」を振りかざす人への鬱屈が

トランプ大統領の人気に繋がっている、という見方もありますが。

 

 

そうした「性差などの、いろいろな差別・偏見を排除する」流れから

政治的・社会的に、公平・公正であろうする人たちの間では

「ビジネスマン」「サラリーマン」「カメラマン」といった

「―マン(man)」という単語は使われなくなってきています。

 

そもそも、当該仕事に従事するのは、男性とは限りません。

(逆パターンに「看護婦」→「看護師」があります)

 

「カメラマン」ではなく「フォトグラファー」

「サラリーマン・ビジネスマン」ではなく「ビジネスパーソン」

 

そのような潮流の中

 

「サラリーマン感覚」と言っている時点で

「公平・平等意識への感度が低い」

「女性を低く見ている(単なる無知や無自覚で、ご本人はそんなことを意識していないにしても)」

「現場から離れて久しいのか、今の感覚ではない」

と、私には思えるのです。

 

また「継ぐべき会社があって、代替わりまで外の企業に勤めていた」

「大企業・外資系に勤めていて、かなりの高級取りだった」

そうした、一般的ではない方のほうが、ことさらに

「サラリーマン感覚」を強調されるように観察されます。

 

そうした方々が、果たして一般会社員の代表として

感覚を伝えられるのかは、疑問です。

 

いずれにせよ、感度の高い企業では、

社内で使われる用語においても

既に「ポリ・コレ」が意識され、統一されています。

 

「経済」の世界ですら、そうなのですから

「政治」の世界に関わる方こそ

公平・平等意識に敏感であってほしい、と願います。

 

こうした観点から、私には

「会社員」「ビジネスパーソン」

という言い方をされる方の方が、親しみが持てるのですが。

 

あなたの身近に、まだ「サラリーマン感覚」は残っていませんか?

 

4月に始まる統一地方選挙が楽しみです。

最新情報をチェックしよう!