選挙・政治経験なし、無党派・無所属で、2カ月半で『奇跡』の990票を取った「みさきゆみこ」ならびに「チームみさき」の帯広市議選の挑戦の記録と、これからの挑戦・日々の雑感などを伝えます。

政党(Party)は嫌だけれど、敗戦後の第一声がダンスパーティで歌うことになった話

頭おかしいと思われるのは重々承知ですが

敗戦後の第一声が決まりました。

 

みさきゆみこ、バンドで歌います

 

というわけで、次なる挑戦が決まりました……!!

こんなに早く!

しかも意味がわからない方向性とは思いませんでしたが!!

多分、「ショックな出来事があった時、ヤケを起こして声をかけられた方に簡単にフラフラついていってしまう」ような、異性関係だったら非常に危ないパターンです。理性と判断力が弱っている隙を突かれました。

「ゆるゆるダンパ vol.1」4月28日(日)17時〜
帯広市議選落選者・みさきゆみこ、スポット出演します。

選挙後の第一声が、ダンスパーティのバックバンドで歌うとか、相当頭おかしい人ですよ!!??

選挙との関連性も脈絡もなければ、私バンド活動の経験も、志したこともありませんよ!!!

 

見ての通りの外見ですので、パリピではありません。

むしろ「パーティーとか怖い!!」という人種です。

 

「政党」は英語で(Party)ですが、どれだけ人が良くても、政党も怖くて入れません。

 

選挙中、「無所属と言って、当選したら政党に入る人がいるけれどあなたは大丈夫?」「◯◯党に入るなら、応援しない」と言われました。

「無所属・無党派だと言っているのに変な質問だなぁ……?」と思っていたら、こうしたことは日常茶飯事だということが分かりました。

(十勝毎日新聞電子版より)

 

自民党だけではなく、民主党にも「無所属」で立候補した議員が同様のことになっていましたが。

道議選以上だと大いなる力がないと戦えないけれど、市議選レベルだと「無所属としておいた方が票が入る」ということでしょうか。

 

でも、それで後から「騙された!」とかいう人も見かけましたが。

新聞報道でも「保守系無所属」とか「左派系無所属」とか書かれてたり、事務所に行ったら「為書」でその人の政治カラーがわかるのに、自分が知ろう・分かろうとする努力を怠って「無所属だったらこの人に入れよう!」とか安易に投票する方にも、大人としての責任はないのでしょうか?

ちなみに2019年帯広市議選、真の無所属・無党派で1000票近く取ったのは、みさきゆみこと、高田修候補だけです!!

 

選挙経験も何もないド素人が、団体様の組織票に追いすがることができました。

とはいえ「選挙は組織戦で浮動層なんてほとんど選挙に行かないんだから、勝つことに徹するんだった、どこかに所属するか支援を受ければよかったのに」という声も頂戴しました。

 

それも一つの手段です。

団体戦だというのなら、甘いこと言ってないで大いなる力を借りるのも一つの戦略。

保険とか安全弁と言われたら、ゆらぎます。人間だもの。(でも万が一そうする場合は、後から「政党入るー」と言い出して、無所属だと思って投票してくれた人を裏切るのではなく、正々堂々最初から看板を背負うでしょう)

 

保険をかけて、勝ちを狙ってもいい。

でもそれだと、無所属・無党派の代表いなくなるじゃん!!(当選したら、一般質問にも立てないので、どこかの会派には入らなくてはいけませんが)

 

世の中、政党に入っている人よりも、入っていない人の方が一般的だと思う。

その声は誰が背負って、誰が拾うの!!??

と思うから、私は嫌です。

 

しかし「選挙カーは騒音」「昭和の選挙」と切り捨てた、唯一の三十代新人女性候補。(It’s me !!)

新聞で尖った発言をしているので「その昭和の選挙を戦ってきた方々にガッツシ怒られるかも……」と思っていたのですが

 

終戦後にお会いした政党関係の方々は

「少ない人数で1000票よく頑張った!!」

「あんた若いのに気骨がある!!」

「たいしたもんだ! 組織なくそれだけ個人で票が積めたなら次は勝てるぞ!!」

「次はあんたを応援する!!」

などと褒められて拍子抜けしました。

 

これは「箸にも棒にもかからない票数だったら、怒られていたかもしれない……」と思いつつ。

投票率が低くて浮動票がない中、選挙カーも使わず事前活動もなく「約1000票取った人間」というのは、選挙のプロの方々から高評価をいただける内容だったのだなぁ、と思った次第。

可愛がってくださった方々も、お声がけいただいた方々も、すごくいい人でした! 好き♪(キティちゃん風)

だからといって、政党に入ることとは別問題なのです。。。

申し訳ないのですが、しがらみにしばられることも、「色」がついて見られることも、私にとっては非常に怖ろしいこと。(そういって、「所詮個人では勝てないんだー……」と腐って気が弱くなったら、断言しつづける自信はありません。人間だもの

 

そんな私ではありますが「政党(Party)ヤダ」と言っているくせに、その舌の根も乾かないうちに「Party」に与することになってしまいしましたーー。

 

「ゆるゆるダンパ」

 

「選挙落ちて気落ちしてる時に何してるの!!??」という話ですが、ダンスパーティーとか初めてな上に、それがいきなり演者って……!!

当初イベントにお誘いただいた時、参加者側だと思って、「私踊ったことないよ! 踊れるのは帯広三大祭りの一つ、ボンダンスくらいだよ!!」と言っていたのですが、踊る方ではなく出演する方でした……。

ちなみに「無職だし、みさき歌え」と、キャスティングをした敏腕プロデューサー(?)氏は、オファー時点で、私の歌声を聞いたことはありません。

当方、バンド経験もなければ、目指したこともありませんが、38歳にしていきなりボーカルデビューいたします……。(神聖なるステージって、もうちょっと下積みを積んだり、志があって立つものではないんですか……!?)

最近38歳にして「市議選に出る」とか「YouTube始める」とか、その挙句「ボーカルに挑戦する」とか、「人生初!」が大渋滞!!!

「チームみさき」に必要なのは「おもしろいーーやろう!!」と、悪ふざけが大好きな人々ではなく、交通整理員では!?ーーと最近思い始めています。

 ※※オファーは金額の過多よりも「帯広のためになるか」「面白いか」を基準に「チームみさき」で判断させていただきます。

しかし! このままだと私が向かっていくのは「帯広のガチャピン」ルート……!?

みさきゆみこが、どんな無様な醜態を晒すのか
(「trf」のメドレーを歌うらしいです)

興味のある方は28日(日)17時〜「ゆるゆるダンパ」
会費:4000円 ※当日会場でお支払い可
場所:Heat Wave(大通南10 めいもん・YMビル4階)

 

ーーまでお越しください。

 

最新情報をチェックしよう!