選挙・政治経験なし、無党派・無所属で、2カ月半で『奇跡』の990票を取った「みさきゆみこ」ならびに「チームみさき」の帯広市議選の挑戦の記録と、これからの挑戦・日々の雑感などを伝えます。

何もしなければ、失敗しない。けれど、何かを変えることもない。

 

一人で政治活動を始めました。

2月からは街頭演説も、始めさせていただきました。

 

日本では政治・宗教・信条の自由が保障されているため、

往来の邪魔にならない範囲であれば

誰でも街角に立ち、思いを表現することは可能なのだそうです。

 

私には、「その勇気があるかどうか」

のほうが重大事に思えますが。

 

当たり前のことながら、

人生初めてのことで、とても緊張しました。

初演説は45分程度。

 

拙いながら「初めてにしては上々」と

自画自賛の気持ちがありました。

 

しかし気持ち・体感的には

『然別湖コタン』くらいシバレて帰宅すると

同居の母に「もう帰ってきたのかい」と言われ、

自分の甘さを痛感しました。

 

冬の北海道ですので、移動の基本は車であり、

話させていただいている内容が車中の方々に伝わる、

などとは思っていません。

 

しかし、何かをしなくては何も変わりません。

 

 

まずは水面に石を投げなくては、波紋は生まれない。

そう信じるため、意を決して、街角に立たせていただきました。

 

存在を知っていただく。

それが当面の目標です。

 

当然のことながら、

 

恥ずかしいは恥ずかしいです……。

 

ですが幸か不幸か、今は車の窓の開いていない冬場。

統一地方選挙の知事・道議選が始まるまでは

しばらく実地で練習させていただきたいと思います。

 

この小さな動きが、少しずつ

どこかへと広がりを見せることを期待しながら

大河に石を投げる行為を続けたいと思います。

最新情報をチェックしよう!