選挙・政治経験なし、無党派・無所属で、2カ月半で『奇跡』の990票を取った「みさきゆみこ」ならびに「チームみさき」の帯広市議選の挑戦の記録と、これからの挑戦・日々の雑感などを伝えます。
菊まつり・五重の塔

菊まつり開幕の瞬間に偶然出くわす!〜第50回「五重の塔と令和の庭」11月4日まで

帯広三大祭りの一つ、菊まつり!!

菊まつり開会式
菊まつり開会式

 

所用があって帯広の街中に出ておりましたところ

帰る途中「あ、とかちプラザで何かやってる」「菊まつりだ!」と気づきました。

 

ちょうど開会式が始まるところでした。

 

帯広市長あいさつ
米沢則寿・帯広市長、総合花壇前にて挨拶中

 

セレモニーとは縁遠い人間なので、「市長さんも含め、テープカットの時は白手袋なのねー」というところに目がいってしまいます。

 

雅なとかちプラザ
雅なとかちプラザ

 

「選挙に落ちて求職中」というのがバレている人に見つかり

「ここで何してるの?」

「たまたまですー。街に用事があったついでに寄ったら、何かやってて」

「たまたま(菊まつりの開会式に)通りがかる人間いる!?」

と驚かれましたが。

 

それは私もそう思いました……。

偶然、帯広市の行事の中心に出くわす、みさきクオリティ……。

 

 

「第50回」のテーマは「五重の塔と令和の庭」

メインの総合花壇は、「とかちプラザ・アトリウム」室内に設置されています。

 

菊まつり。ステージ
菊まつり・ステージ会場

 

ただ「菊まつり」、母方の祖父母は楽しみにしていたイベントではございますが。

「菊」というくくりのために、帯広「三大まつり」の中でも、氷まつり、平原まつりと比べますと、子供にキャッチーな要素は少なく、あまりなじみのなかったイベントです。

 

そらりす
そらりす・ポストイット

 

そらりすくんも、帯広三大まつりをポストイットでPRしてくれています。

ただ菊まつり、氷の滑り台を滑ったとか、歩行者天国で何か遊びをやったーーといった記憶がないのです……。

 

確かに三大まつりの中で唯一、「保護者と一緒に」というよりも「祖父母と一緒に」という印象のイベント。

滑り台とかいうアクティブさは、求めようがありません。

 

ともかく「菊」というテーマしばりがあるため、帯広の三大まつりの中でも会場は小規模で、もっともニッチな「まつり」と言えるのではないでしょうか?

 

書道部
高校の書道部員さん(菊の絵を追加中)

「それではいかん」という工夫なのか、会場の一角には市内児童の書道の展示がありました。(名前が見えるので、撮影していません)

高校書道部の「大筆」を使ったライブパフォーマンスもありました。

 

 

なんだか、どこかで見覚えのある顔がたくさんあるわー。

 

向こうも知っている感じだし、会釈しとこう。

 

……でも誰なのか思い出せない。

 

見たことはあるんだけどなーーー。

 

と思っていたら、プリンス上野のお姿を発見して、答えが分かりました!

 

帯広市議団の皆さんでした……。(私の人の顔と名前に対する認識能力は、この程度であることをご了承ください)

 

菊まつり
菊まつり・大会議室展示

 

人の顔の見分けがつかないだけではなく

無粋な人間なので、良いも悪いも、これらの作品を見て優劣の差が分からないのです……。

 

植物も人間に対しても、分け隔てがなく平等ね♪ーーという話ではありません……。

 

菊まつり・盆栽
菊まつり・盆栽

 

近くで人生の大先輩方が、「うわー良い枝ぶり!!」と歓声を上げてらっしゃっていても

「どの枝のこと!?」と全くの門外漢。

 

ですが「金色がある!!」は分かりました。

 

金色の菊
金色の菊

 

金色の菊!!

(大会議室では1時間に1回、照明を落として、菊の背後にプロジェクションマッピングと投影する映像ショーが開催されるそうです)

 

とかちプラザ臨時お茶席
とかちプラザ臨時お茶席

 

一通り鑑賞しましたが、根が花より団子。

侘び寂びは理解できないながら、催事で「お抹茶300円」といった席が設けられていると、ふらふら〜と引き寄せられてしまいます。

会場内では茶菓子付きで、お抹茶がいただけました。

 

ステージ横飲食店
ステージ横飲食店

 

思っていた以上に飲食店の出店が多く、食べるものには困りません。

ですが、何を食べたらいいのか迷って困ります。

 

 

まずは柏壱堂さんのベビーカステラGETです!!

そのまま食べても十分美味しいカステラ(12個)に、黒蜜きな粉と、クリームが添えられていて500円。

一気に食べてしまいました……。

 

 

シーガルキッチンさんのケバブサンドも、スパイスの加減が絶妙です。

大樹からお越しのからあげ屋さんも、塩味が強からず素材の味が生きていて美味しいんです!

食べたことがないお店の味も試してみたいけれど、胃に限りが……。

 

そんな「おびひろ菊まつり」ですが、11月4日(月・祝)まで開催しています。

1日限りではないので、安心して十勝の味覚を食べ比べることができます。

 

 

すでに各部門も審査が済んでいて、金・銀・銅賞など見える形で展示されています。

開会式の今日10月31日に、表彰式も開催されていました。

植物相手なのに、審査日に向かってピーク調整したうえ、しかも展示は5日間ーー。

 

私には、金・銀・銅賞を分ける評価ポイントや機微の見分けはつきませんが

どの菊も圧巻で、温度調整等万全に整え、丹精込めて作られた、職人の世界を垣間見ることができたように思えます。

<第50回おびひろ菊まつり>

会場:とかちプラザ(帯広市西4条南13丁目1 )

日: 2019年10月31日(木)~11月4日(月・祝)

入場:無料

HP:おびひろ菊まつり特設ページ(とんとんTON×TON内)

◆展示コーナー
総合花壇、菊花展、いけ花展(小原流十勝支部)、日本庭園、書道コーナー、菊とアート展、写真コーナー、菊の絵展示コーナー、管内の菊花愛好団体の作品展示及び紹介、小中学生によるいけ花展

◆サービスコーナー 菊作り相談コーナー、ミニガイドツアー、味覚コーナー、抽選コーナー、高松市物産交流コーナー

◆ステージアトラクション

◆協賛行事、姉妹都市「大分市・徳島市」の物産展、野点、日本茶デモンストレーション

菊まつり・五重の塔
最新情報をチェックしよう!